ミリオンストックは詐欺なのか!?本性を暴きます!
ミリオンストック投資顧問の実態

ミリオンストックなど投資顧問は2chでも叩かれる?

投資顧問の2chについて調べる男性投資活動が庶民の間でもすっかり普及した昨今、ミリオンストック投資顧問も含め、投資についてのアドバイスをしてくれる投資顧問会社は多数あります。
どの投資顧問会社がよいのか調べる際に、広く意見が集まりやすい2chを閲覧することは有効な手段といえますが、投資顧問会社は、その業務の特性上、2chでも叩かれやすい特性があることを認識しておく必要があります。
何故なら株式相場でも為替相場でも、相場というものを100パーセント見通すことは誰にもできないので、投資顧問会社といえどすべての顧客に必ず得をさせることは不可能だからです。

投資顧問会社が2chで叩かれやすい理由

投資顧問会社と契約を結び、その助言に基づいて投資をした顧客が、結果的に損失を出してしまった場合、「この投資顧問会社は使えない」などと2chに書き込んだとしても、なんら不思議ではありませんし、心情としては非常に理解できます。

一般の投資家は、機関投資家とは異なり、自分の資金を元手に投資活動をしています。
つまり、自分の資産が投資の成功可否によって増減するわけですから、場合によっては自分の生活や将来設計に直結します。
そんな重要な投資活動の方向性を決める際に利用するのが投資顧問会社です。
投資顧問会社のサービスに対してナーバスになってしまうのは仕方ない部分もありますし、2chを閲覧した際に投資顧問会社の不平不満が目立つのはある程度仕方ないといえます。

特に損を出してしまった直後の投資家は、怒りや悔しさをコントロールしづらく、何らかの不満のはけ口を求めるものです。
その対象に投資顧問会社を、場所に2chを選択することは、その手軽さからいえば、ある意味では自然といえるかもしれません。

資産運用としての投資のメリット

銀行に預けていてもほとんど利殖を産まない超低金利時代にあっては特にそうですが、資産形成の手段として、投資活動は非常にその重要性が高まっています。
NISAなどに代表される税制面での優遇もあって、これまで投資に対して積極的でなかった層からも、投資に挑戦する人々が増加しつつあります。
ゼロ金利政策の出口さえみえない現況を勘案すれば、投資を始める人の数は今後もますます増えていくことが予想されます。

投資はもちろん、定期預金などと異なり、元本が割れたりするリスクはありますが、それを補って余りあるリターンが得られる可能性があるのもまた事実です。
ただ、昨今は株式や証券、為替だけでなく、投資信託や仮想通貨など、投資対象は多様化しており、なかなかすべてに精通することは難しい現状もあります。

投資を始めたいが、どれに投資すればいいかよくわからない、そうした際に、投資顧問会社の情報を利用することも、投資活動の一助となるかもしれません。
投資顧問会社の特性をよく理解した上で、上手に付き合っていくことが肝要です。